徳島観光

徳島観光

  •  
  •  
  •  

大浜海岸

延長500メートルの白砂の海岸なのですが、見どころは深夜。絶滅が心配されているアカウミガメの産卵シーンが観光客のお目当てになっています。JR日和佐駅から歩いて20分、海部郡美波町日和佐浦の大浜海岸は、アカウミガメの産卵で全国に名を知られている場所です。

倉科カナさん主演のNHK連続テレビ小説「ウェルかめ」の舞台ともなりましたから、覚えている人も多いでしょう。

美しい浜辺が日本の渚100選、アカウミガメが産卵する地として国の天然記念物に指定されています。アカウミガメが大浜海岸に上陸するのは、毎年5月から8月。20年以上前は年間100匹を超すアカウミガメが上陸していましたが、最近は数が減り、15~20匹前後しか上陸しなくなりました。

それでもこの時期には全国から観光客が集まり、アカウミガメの上陸を待ち構えています。海岸の一角には世界でも珍しいウミガメの博物館「日和佐うみがめ博物館カレッタ」が、1985年に開設されました。カレッタとはアカウミガメの学名。館内には世界のウミガメの剥製やカメの進化の過程をパネル展示しているほか、120インチのハイビジョンシアターでウミガメについて学習できるようになっています。屋外プールではアカウミガメを飼育しており、中には年齢が明らかな個体としては世界最長寿の65歳になる浜太郎もいます。浜太郎は1950年、大浜海岸に産み落とされた卵から孵化し、日和佐中学校の生徒やカレッタの職員が飼育してきました。町の住民票も持っていて、美波町では知らない人がいないほどの人気者です。

▲ PAGE TOP 

Copyright 徳島観光 All Rights Reserved.