徳島観光

徳島観光

  •  
  •  
  •  

土柱

遊歩道を進んでいくと、突然顔を出す岩の壁。そこには尖塔のような形をした無数の土の柱が直立し、奇怪な形状を示します。

JR山川駅から車で吉野川を渡って15分、阿波市阿波町桜ノ岡にある土柱は、米国ロッキー山脈とイタリア・チロル地方の土柱とともに世界三大奇勝に数えられています。130万年ほど前の氷河期に堆積した扇状地が、そのあとで隆起し、雨水の侵食によって形成されました。

阿波の土柱は波濤嶽(はとうがたけ)、不老嶽、燈籠嶽、扇子嶽、橘嶽、筵(むしろ)嶽の6つあり、そのうち、最も大きいのが波濤嶽。高さ10~18メートルの柱が、東西50メートル、南北90メートルの範囲内に多数立ち、国の天然記念物に指定されています。

正面に設けられた展望台から眺めると、自然が生み出した奇怪な姿にただただ圧倒されるばかり。地球が持つ神秘的な力にも驚かされます。夜は夏場で10時、冬場で9時までライトアップされ、昼間とひと味も二味も異なる幻想的な光景を眺めることができます。平安京を造営し、京都を都と定めた桓武天皇の時代から多くの人が見物に訪れるようになったと伝えられています。

ドラマ「裸の大将」で知られる放浪画家の山下清さんもこの景色を気に入り、写生に訪れました。波濤嶽の近くには、詩人の野口雨情さん、徳島県出身の俳人高井北杜さんの詩碑、句碑が建てられています。すぐそばに温泉保養施設や宿泊施設もあり、温泉と土柱見物でゆったりした1日を過ごすこともできます。

▲ PAGE TOP 

Copyright 徳島観光 All Rights Reserved.