徳島観光

徳島観光

  •  
  •  
  •  

鳴門の渦潮

うずしお

鳴門市鳴門町の孫崎と淡路島(兵庫県南あわじ市)の間にある幅1.3キロの鳴門海峡。イタリアのメッシーナ海峡、北米のセイモア海峡とともに、世界3大潮流の1つに数えられ、直径10~20メートル豪快な渦潮を生むことで知られています。

大潮のときには、渦の直径が30メートルに達することもあり、世界最大規模の渦が見られる場所なのです。渦潮の発生には、大潮のときで最大時速20キロに達する潮流の速さ、V字型に深く落ち込んだ海底の地形、瀬戸内海と紀伊水道の最大1.5メートルに及ぶ水位差が影響しています。特に月と太陽の引力が重なり、引き潮と満ち潮の水位差が大きくなる大潮のときに、大きな渦が生まれます。

中でも見ごろといえるのが、3月下旬から4月下旬です。この時期は潮の流れが最も速く、大きな渦が次々に生まれるので、渦潮見物にぴったり。海水が渦を巻くとき、轟音が発生します。鳴門の地名は「鳴る瀬戸」という意味で、この轟音から命名されたと伝えられているのです。

渦潮見物にはいくつかの方法がありますが、やはり服が渦の飛沫で濡れるほど接近する観潮船がおすすめ。定員400人の大型観潮船、定員40~80人の小型高速観潮船が、近くから運航しています。それぞれ30分ほど渦潮に接近してくれますから、目の前で豪快な渦を堪能できるでしょう。

JR鳴門駅から車で10分、鳴門市鳴門町の鳴門公園では、展望施設・エスカヒル鳴門や千畳敷から望遠鏡で渦潮を眺めることもできます。

▲ PAGE TOP 

Copyright 徳島観光 All Rights Reserved.