徳島観光

徳島観光

  •  
  •  
  •  

奥祖谷観光周遊モノレール

どこまでも続く四国山地の森の中を2人乗りのモノレールでのんびりと駆け抜けます。全長4,600メートル、高低差590メートル、最大傾斜度40度、最頂標高1,380メートル。これらすべてが世界一という観光用モノレールが、三好市東祖谷菅生にある奥祖谷観光周遊モノレールです。

三好市の中心部JR阿波池田駅から車で2時間以上、秘境のど真ん中といえる場所で営業しています。モノレールは自然に配慮した電動式で、カブトムシをあしらったかわいいデザイン。まるで遊園地のアトラクションみたいです。いやしの温泉郷ホテル三嶺の敷地内をスタート、まるで人が歩く程度のゆっくりしたペースで約70分かけて三嶺(標高1,894メートル)の中腹を1周します。

線路はジェットコースターを思わせる細いものですが、スピードがなさすぎて怖さはほとんど感じません。途中見どころはゼロ。森の中をただひたすら走り、説明のアナウンスやアトラクションも全くありません。遠くまで見通せる場所もほんの一瞬だけ。

ただ、森の香りを全身に浴び、森林浴効果が期待できるほか、野生のニホンジカやニホンカモシカと出会うこともあり、山の自然だけは嫌というほど満喫できます。後半の下り坂は足を踏ん張らないと前につんのめりそうになるほどの急斜面もありますから、そこだけはジェットコースター気分のかけらぐらいを味わえるかもしれません。自然をこよなく愛する人や森林浴したい人にはおすすめのスポット。

12月から3月は降雪のため冬季休業となります。

▲ PAGE TOP 

Copyright 徳島観光 All Rights Reserved.